これを選ぶに至るまでに母は考えた

子育てと趣味と仕事の両立を目指す日々の工夫とか。建築も少々。

PMSというやつか

こんにちは。

もっといろいろ書こうと思っているのになかなか筆が進まなくて困ったものです。
約2年ぶりに生理が戻ってきました。
結果それで、そういうことか=PMSというやつかということになったんですが、
生理前だったと気づく前は原因不明に今までにないイライラ感に襲われて、どうしようかと思いました。
今日はそのあたりの顛末です。

どうにもうまくいかない毎日

普段と同じように過ごしているのに、ベビーカーの脇をすり抜ける人の舌打ちが聞こえたような気がする。
信号が青になったから前に出ただけなのに、横切る自転車(信号無視気味)から「あぶねぇぞ!!」と罵倒された。
子育て支援センターに行けば、少し目を離したすきに娘が別の子にひっかかれた。
それは1歳児同士のことだから仕方ないけれど、相手の母親は私の目も見ないし娘になにか声をかけたりするわけでもなく、自分の子を叱責した。
なんだかすごく嫌な空気が私の周りに充満している。と心がささくれ立つような日々。
 
家では、夫に分担したはずの家事をまた忘れてる。いつも「お願い」しているのに、いつも何か忘れてる。ありがとうと言いながら、残された忘れ物を片付ける。あー結局私がやってる。
表をつくってみたり、わかりやすい配置を考えてみたり、仕事復帰に向けて気持ちよく家事が分担できるようにいろんな工夫を考えてみる。夫は「いいね」というけれど、その後目もくれない。冷蔵庫に貼った表が虚しく傾いたまま。いろいろ考えても空回りしてるばかり。
夫に気をつけてほしいことを伝えたくても、疲れて帰ってきた後話したところで嫌な顔をされるだけなので、仕事中だけど休憩中に見て貰えばいいと思って気づいたことはメッセージを入れておいた。すると、仕事中に文句が続々とくるのは困る、と怒られた。それでガス抜きになるなら我慢するけど、大事な会議だって言ったでしょ?そういうときは避けてほしい。
申し訳なかったけど、全然そういうことじゃない!いつどうやって伝えれば伝わるの!?
 
朝連絡があり突然義母がうちに顔を出すという。
とても明るくて優しいお義母さん。関係も良好です。
でも、突然寄っていいかと言われても。今日は家にいると言ってしまった手前30分後に最寄駅に着くと言われて、お断りする理由を考えるのも億劫。
大した準備はできないけど、気持ちはお迎えモードでお帰りになるまで自分のやりたいことは後回し。
海外に行く話、習い事の話、これから映画にいくの。私にはどれも当分無理な話。自分が可哀想で惨めな気持ちになってしまった。私の半日が消えた。
 
全てはその時の私の主観なので、今思えば、気にならないことや別の気持ちの持ちようがあったとも思います。自分のやり方を変えてみる方法も。
でも、数日間こうして、どうにもこうにもついてないことが重なりに重なってやってきたのです。

気持ちがふっと軽くなった

元々、その頃から保育園のこと、仕事復帰のこと、ナーバスになりがちな状況ではありました。どうしても、特に身近にいる夫へイライラが向かっていきました。
ついてない日々が続いて、夫へぶつけることも多く、夫もかなり疲弊した頃、久しぶりの生理が始まりました。
 
2日目からすっと気持ちが軽くなったのを感じました。
以前は生理痛が酷くて寝込むほどだったのが、今回はそこまででもありません。
腰が重苦しい感じはするものの、それまでの1週間のトゲトゲした心をコントロールするよりずっと楽になりました。
それで、生理の前に調子を崩すというPMSではないか、ということに気づいたのです。

婦人科を受診

仕事復帰の前になにか改善策を取りたいと思い(夫からの強い希望も)婦人科を受診することにしました。
妊婦健診でお世話になった先生が自分のクリニックを開院されたということで、電車40分の距離ですがはるばる受診することにしました。
診察では問診とお腹の状態を見てもらいました。たっぷり30分。
 
先生のお話では、産後〜子育てで子どもに私のパワーが吸い取られて元気がなくなってるところに、ホルモンによる大波が押し寄せて対処できなくなっているとのこと。
コントロールするという意味では、ピルが効くということでしたが、まずはベースの調子を整えては?ということで4種類の漢方が処方されました。
  • 四逆散
  • 温経湯
  • 桂枝加芍薬湯
  • 四物湯
調子の良い時期を過ぎ、そろそろまた良くない周期に入ります。すぐに効果が出ないものとは思いますが、少しはマシでありますように。

広告を非表示にする