これを選ぶに至るまでに母は考えた

子育てと趣味と仕事の両立を目指す日々の工夫とか。建築も少々。

嬬恋キャンプ(赤ちゃん冬キャンプ)

先週末は夫がハセツネ。

11ヶ月の娘と私は家にいてもいつもの平日と同じ平常運転になってしまうので、お誘いいただいた嬬恋へのキャンプに参加。
 
MUJIカンパーニャ嬬恋キャンプ場はオンシーズンはむちゃくちゃ混む人気サイトと聞いてはいたが、
クローズ一週間前の11月頭は見える範囲に3グループ程度と閑散としてとても環境はよかった。
 
しかし、夜は氷点下。(-1.4°C)
なんとか乗り切ったけど、かなり過酷な状況だった。
 
就寝時の装備
  • ビバホームの銀マット→安いわりにEVA製で保温性高い。
  • アメリカ軍の化繊シュラフ(ずっしり)→借り物。銀マットの上にひいた
  • ナンガ オリジナルダウンシュラフ450STD[4938101008112]温度域:温度域快適温度 -4℃、限界温度 -8℃  フィルパワー:650FP
  • エスケープビビイ→シュラフカバー代わり
  • コクーンのシーツ(マミー型)→シーツ、シュラフ、ビビイを重ねると暖かくなるが、重ねて2人で入り込むに苦労した。
  • ラプアンカンクリのウール100%ブランケット→寒いところに置いてあってもひんやりしない。明け方放射で顔が冷たくて痛いようなときにウールのブランケットを顔にかけるととても暖かかった。

     

母の服装
  • ベルメゾンホットコット肌着
  • スマートウールのメリノウールカットソー
  • マーモットのダウンジャケット
  • ボバフーディ
  • 登山用タイツとハーフパンツ
  • ナンガダウンパンツ
子の服装
  • 西松屋HOT WARP肌着→乳児とはいえ体に触れる部分は汗が乾きにくい綿は心配なので化繊の速乾素材のものを購入。
  • 綿ロンT+綿カーディガン
  • パタゴニア ダウンジャケット
  • 綿レギンス
  • パタゴニア フリースパンツ
  • フリースの帽子をチューブバンダナで固定。耳やほっぺを隠す。
子はボバフーディの中にボバエアーで抱っこ。
その上からブランケットを巻きつけてました。
とんでもないところに来てしまったと後悔したものの、2人とも風邪もひかずに元気に帰ってこれました。
 
しかし、ちょっと無謀だったと反省。空いてるし空気も気持ちいいので、寒い時期のキャンプもアリなのですが、この時期の嬬恋で泊まりの赤ちゃんキャンプはオススメしません。(普通やらないか)
冬に被災とかした場合にどうしたらいいかというシュミレートにはなりました。
広告を非表示にする